禁煙する方法・煙草の辞め方

禁煙方法につてい
この記事は約4分で読めます。

確実に禁煙するためにも、事前準備はとても大切です。また、煙草(ニコチン)の依存度によって、辞め方が異なります。それぞれ見ていきましょう。

煙草をやめる前の準備

禁煙をスムーズに行うためには、煙草をやめる前に準備を始めることをおすすめします。以下の事を事前に行っておきましょう。

  • 禁煙開始日を決める
  • コントロールする方法を考えておく
  • いつもと違う感覚を身につける

    それぞれ見ていきましょう。

    はじめに、禁煙を開始する日を決めます。禁煙を開始する日を決めたら、禁煙宣言書を作って部屋の目につきやすい部分に貼るのです。カレンダーなどに印をつけておくと良いでしょう。

    また、喫煙欲求を抑える方法を自分で考えておくと良いでしょう。

    いざ禁煙を開始すると、煙草を吸いたいという思いが強くなり、さまざまなニコチン離脱症状が身体に現れます。この時に、あらかじめ煙草を吸いたい気持ちをコントロールする方法を考えておくことで、対処するのです。

    例えば、以下のような方法がおすすめです。

    • 食後に煙草を吸う傾向がある人は歯磨きをする
    • コーヒーなどの飲み物を飲む
    • 喫煙所に行かない
    • 同僚に禁煙宣言をする

      あらかじめ、複数の対処法を考えておくと急に吸いたいと思った時にも気持ちをコントロールするのです。禁煙の離脱症状は、永遠に現れているというわけではありません。必ず離脱症状は収まります。それまでの辛抱です。

      離脱症状は、最初の3日間が山場で、それ以降は徐々に緩やかになります。それまで我慢しましょう。

      その時の為にも、本格的に禁煙を始める前に吸いたいという欲求が出てきた時に、煙草の代わりとなるものを考えて実践してみましょう。

      事前に実践してみることで効果があるものをいくつかリストアップしておくことで、急な離脱症状にも対応できるようになります。

      そして、いつもと違う感覚を身につけておくのも大です。

      例えば、習慣的に煙草を吸っていた人ほど、気がつくと煙草を手に持っていたということがあります。禁煙を開始した後も、そういったことが起こってしまうかもしれません。

      禁煙前に、一度いつもと違う銘柄の煙草を吸ったりするなど意識的に煙草を吸ってみることをお勧めします。いつもと違う感覚を身につけることが、禁煙を始める一歩となるのです。

      依存度別の煙草をやめる方法

      禁煙を始める場合、煙草の依存度に応じて方法を変えるというのも、上手に煙草をやめる方法のひとつです。

      煙草の依存度は、ライトスモーカー、ミドルスモーカー、ヘビースモーカーの3種類に分けられます。

      • ライトスモーカーの辞め方
      • ミドルスモーカーの辞め方
      • ヘビースモーカーの辞め方

      依存度が高い程、自力だけで禁煙を行うのは難しいです。自身の依存度に応じて、自力、禁煙のパッチやガムを利用する、医療機関でカウンセリングを受けるなどの方法を組み合わせると良いでしょう。

      ライトスモーカーの辞め方

      喫煙の本数が少ないライトスモーカーは、ニコチンの依存度が少ないため、自力でも十分に禁煙を成功させることができます。

      家族や友人に禁煙宣言をし、煙草やライター、灰皿などを処分して、禁煙開始しましょう。必要に応じて、薬局などで販売しているニコチンガムなどを取り入れるのも良いです。

      ミドルスモーカーの辞め方

      ミドルスモーカーは、喫煙本数やニコチン依存度が平均的な場合を言います。離脱症状を抑える効果のあるニコチンガムやニコチンパッチを上手に利用しながら、禁煙に取り組みましょう。

      薬局でも手軽に購入できる禁煙ガムは、吸いたくなった時にガムを噛むことで喫煙の欲求を抑える効果があります。

      また、歯が悪い方や仕事の関係でガムを利用しにくいという場合には、パッチの利用も効果的です。パッチを貼り付けている間は、喫煙の欲求を抑えることができますが、皮膚が弱いと皮膚症状がでることがあります。

      ヘビースモーカーの辞め方

      喫煙本数が多く、ニコチン依存度も高いヘビースモーカーは、チャンピックスを服用しましょう。チャンピックスは、医療機関で処方してもらえる他、個人輸入代行サイトで購入できます。

      喫煙本数が多い場合では離脱症状も強くでる傾向があるため、自力での禁煙は難しいです。医療機関で医師の指導を受けながら、チャンピックスやパッチを利用して、本格的に禁煙しましょう。現在では、禁煙外来を行なっている病院もあります。

      チャンピックスは通販でも手に入りますよ!

      病院に通うのはスケジュール的に無理、という人は、個人輸入代行サイトなどを利用すれば、チャンピックスを通販できます。そちらも併せて検討してみましょう。