【一般向け】チャンピックス(禁煙薬)の飲み方

禁煙薬について
この記事は約3分で読めます。

チャンピックスは初日から3日目までは0.5mgを1錠飲む

チャンピックスの初日から3日までの飲み方は、0.5mg錠を毎日1錠飲むだけです。

チャンピックスは、初日から3日目までの飲み方と、4目から7日までの飲み方、8日目以降の飲み方が異なります。

チャンピックスの治療は、まず禁煙開始予定日の1週間前から0.5mg錠の服用を始めます

最初の1週間は喫煙しながら服用するってこと?

はい。最初は喫煙しながらできる治療できる点こそ、チャンピックスが他の禁煙治療と大きく異なる点です。

チャンピックスは、初日から3日までは1日1回0.5mg錠を服用します。朝昼夕、日中いつでも好きなタイミングに服用しても構いません。

服用の際には、コップ一杯程度の水またはぬるま湯を利用しましょう。

禁煙治療を行う際は、タバコは絶たなくてはいけないと感じる人もあるかもしれません。しかし、最初の1週間は喫煙できるのがチャンピックスの特徴です。

チャンピックス治療は、薬の量は、少しずつ増やします。その過程で、喫煙をしなくてもよくなるのです。その場合は、1週間を待たずに禁煙しても構いません

4日以降のチャンピックスの飲み方は2錠に増える

チャンピックスは4日目以降と8日目以降に飲み方が変わります。正しい服用方法を守りましょう。

まず、4日目からの飲み方は、1日2回、0.5mgを朝食後と夕食後に飲むことになります。最初の7日間は喫煙しながら治療を進めていくことが可能です。

8日目以降は、完全に禁煙します。自然にタバコを吸わなくなった場合は8日目を待たずに禁煙を開始しましょう。

8日目以降も朝夕の食後に1日2回の服用となりますが、飲む錠剤が変わります8日目以降は、1mg錠を服用することになるのです。

人によっては期間の終了を待たずに禁煙ができる場合もあります。しかし、この場合も勝手な判断で治療を止めてしまうことは避けましょう

チャンピックスの治療期間は、12週間です。途中で禁煙できても、12週間は薬を飲み切る必要があります。

自分では禁煙できたと感じても、すぐに治療を止めてはいけません。医師の指示にしたがって、治療を続けていくことが大切です。

チャンピックスの服用期間は基本的に12週間

チャンピックスの服用期間は、基本的には12週間となっています。この期間内で薬の効き目が十分に発揮され、禁煙に成功する人は多いです。

しかし、効果には個人差もあります。12週間真面目に治療を続けてきたに関わらず、タバコが止められない場合もあるのです。

そんな場合は、医師に相談して12週目以降は24週目まで治療を続けられます

24週間続けて禁煙できれば、禁煙治療は成功です。しかし、24週間続けても完全に禁煙はできない場合もあります。

24週間続けても禁煙ができないという場合は、チャンピックス治療が体質に合っていない可能性が高いです。

チャンピックスは誰にでも効果があるわけではないんだね。

もしチャンピックスが合わなかった場合は、ニコレットなどのニコチン製剤を用いた治療法などに切り替えられます。自分に合った方法で禁煙しましょう。